松戸市の岡村胃腸科外科
menu
◆医師紹介◆
医師紹介 診療医表 海外交流
おかむら通信 診療時間 .

お問合せ・診療予約
047-384-3667


院長・医師紹介

院長 岡村 廣志

院長

医療法人社団 真心会
岡村胃腸科外科
医学博士
(閉塞性黄疸肝の電子顕微鏡学的研究)
麻酔科標榜医(基準1)

資格 医学博士
(閉塞性黄疸肝の電子顕微鏡学的研究)
麻酔科標榜医(基準1)
所属学会

日本消化器病学会(認定医)
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本癌治療学会
日本プライマリケア学会
日本臨床外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本胆道学会
日本救急医学会

略歴

1975年 順天堂大学医学部卒業
1975年 順天堂大学外科入局
1977年 東京都立墨東病院麻酔科
1979年 順天堂大学第一外科入局
1985年 埼玉県済生会川口総合病院(医長)
1987年 順天堂大学外科退職
1988年 松戸市内の民間病院(外科部長、副院長)
1993年 岡村胃腸科外科開院
1997年 医療法人社団 真心会設立

メッセージ

当院の基本姿勢は、どのような患者さんにも全て平等に、患者さんの視点・目線で接することを旨としております。
まだまだ、私も職員も未熟なところがございますが、何かありましたらどんどんご意見をお寄せ下さいませ。
お叱りを受ける事は我々が進歩し、より良い医療をご提供できる能力を頂く最高のプレゼントと考えております。

日頃、急性期の疾患が多いのですが、慢性疾患の患者さんには、過去・現在・未来にわたって病気を認識していただき、病気が発生する前に、今何をすべきかを診察室でご理解していただくよう努力しております。
近年さらに管理栄養士のパワ-もアップして総合的診療に役立てております。

医師 岡村 庸介(ようすけ)

岡村庸介ドクター

日本内科学会認定内科医
岡村胃腸科外科医師

所属学会

日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本膵臓学会
日本胆道学会
日本内科学会

略歴 2004年 順天堂大学医学部卒業
2004年 順天堂大学医学部附属浦安病院 臨床研修医
2007年 同病院 消化器内科入局
2013年 同病院 がん治療センター レジメン審査委員会委員
2014年 同病院 消化器内科病棟医長
2015年 行徳総合病院 化学療法委員会委員長
2016年 行徳総合病院 内視鏡センター長
2020年 岡村胃腸科外科着任
メッセージ

2020年に岡村胃腸科外科の常勤医になった岡村庸介です。

これまで大学病院及び市中病院で、腹部救急疾患の診断及び治療、内視鏡検査及び治療、消化器がんに対する抗がん剤治療や緩和ケア医療を行って参りました。

これらの経験を活かし、消化器疾患全般をオールラウンドに診療させていただきます。そのために必要な設備が当院には揃っています。

レントゲン装置、CT装置、腹部超音波検査装置、上部消化管内視鏡がそうです。さらに2020年4月からは大腸内視鏡も導入致しました。つまり「町の診療所で大学病院レベルの外来診療を行う」ことが可能なのです。これこそ私が岡村胃腸科外科で行いたい医療です。

具体的に申し上げます。急な腹痛でいらっしゃった患者さんには、腹部診察に加えて緊急で腹部超音波を行い、入院や外科的治療が必要なのかを判断します。アニサキスが疑われる患者さんには、緊急で内視鏡を行い除去します。悪性腫瘍が心配な患者さんには、内視鏡検査、CT検査の予定を組みます。

万が一悪性腫瘍が見つかった場合は、内視鏡治療なのか、外科的手術なのか、或いは抗がん剤治療や緩和医療なのか、丁寧にご説明させていただき、専門施設へご紹介致します。

何より、患者様の心に寄り添った、親しみやすい医療を心掛けて参ります。
是非、外来にてご相談ください。お待ちしております。


外来診療医表

診療医表

*(岡村庸介)の時間枠は外来診療は行わず、検査担当の枠となります。
*毎週木曜日は休診日ではありませんが、全日検査のみを行います。


院長の海外交流レポート

◇新型コロナ禍までは毎年、年1回海外の医師の皆さんとの交流をしてきました。
(パソコン用ホームページには更に詳細なレポートが掲載されています。)

2016年9月 ブータン

心暖かい、優しい、いじめのない、幸せの国ブータンに行ってきました。
Thimphuにてロータリークラブ(会長、幹事、女性社長(王妃の親戚)、Pnakhaの障害児施設など。
国立病院は無料です。ただし初診はすべて総合診療医が診るため超混みで、患者さんは3-4時間待ち、先生方も超多忙です。英語は子供のうちから達者で大人よりしゃべれる子がいるそうです。
お会いしたこの国のトップにいる方たちの人間味、パワフルさ、実行力、勉強熱心さには驚きました。もちろんユッタリズムの方も大勢います。

2015年9月 シンガポール

訪問先:総合病院 グレンイーグル総合病院の:Dr.Brenda Low、 Wen Yongと Lester Won/Manager (MBA) Ryoko T. Macintosh、総合診療をしている家庭医 Family Practice:SG Clinic Dr.Suresh Mahatani,Dr.Moti Vaswani と Dr.Jude Lee。
物価がおそらく世界一で、大変いろいろと困りましたが、さすがこれも世界一の国際都市として君臨しています。

2015年1月 ベトナム

ホーチミン市に奉仕活動に行ってきました。

2014年8月 マレーシア

クアラルンプールとペナンに行ってきました。
今回はとても多くのドクターに会って大変貴重な経験ができました。
かならずや日常の診療において皆様に還元できるものと信じています。
7つの医療機関のドクター、クアラルンプールのロータリークラブ会長ほか多数と会談できました。

2014年3月 バリ島

バリ島飲料水支援プロジェクト・ドクターツアへの参加です。
バリ・タマンロータリークラブにて例会に出席、地元紙Bari Postの取材を受けてから、デンパサールの病院を訪問。

2013年6月 韓国

日韓親善のため、お互いを理解し合う交流をしてきました。究極的にはアジアの平和を推進するためなのです。

2013年1月 インドネシア

バリの医療施設などを訪問しました。
インドネシアの国立病院、「Sanglah Hospital」を訪問、素晴らしいドクター、ナースと会いました。

2012年8月 イタリア

フィレンツェ、シエナの医療施設などを訪問しました。
聖マリア・ノバ病院、サンタマリアデラスカラ病院、ミセルコルディア診療所などを訪問。

2011年7月 イギリス

イングランド地域のロンドン、ノースリッジ、オックスフォード、コッツウォルズの医療施設などを訪問しました。

2010年6月 韓国

Don Man Park整形外科クリニック、SEOHO病院、釜山小山RCなどの医療施設を訪問しました。

2010年2月 カンボジア

視察・支援のために訪問しました。
アジアで一番医療が遅れている地域、特に乳幼児死亡率が一番高い。大変な戦禍を乗り越える中で心の傷を受け、貧困極まりない状況でありながら、人として生き生きと人生を全うしているように見える人々。何を支援すべきなのか?この命題を見てきました。

2009年春 フィリピン

身近なアジアの国フィリピンを訪れました。 フィリッピン・セブ市そしてバコロド市です。
セブ島ではPWD(Person With Disability and Abused children and women)施設職員 とMedical Center Governmental、バコロド市ではキリスト教アドベンチスト総合病院、ファブロ・オ・ト-レ記念病院の医師、看護師との話し合い、そしてバコロドの地域の方々と懇談しました。

2008年夏 ドイツ

フランクフルト大学総合病院といくつかの開業医の門をたたきました。
またまた、その国のすごさに圧倒されました。薄っぺらでない人間主義、国の医療資源への力の入れ方、医師への規律の厳しさなどものが違うのです。


おかむら通信(機関紙)

おかむら通信患者さんとの相互理解のためにと、長らく我々スタッフと院長がしたためてきた一つのアイデアである、岡村胃腸科外科の機関紙「おかむら通信」第1号が平成17年5月1日に皆様にお目見えして17年、令和3年12月号で感無量の200号目となりました。
わら半紙たった1枚の瓦版のような薄っぺらなものですが、いろいろ患者さんのご意見、ご希望、訴え、ご注文、苦情もたくさんいただけるようになりました。
待合室に設置したご意見箱は今日も一杯です。紙上で発表し、ご一緒にさまざまなことをご検討願えれば、最高の幸せであります。

★モバイル用サイトからは最新版のPDF形式を閲覧(プリント)できます。

◎ 第211号:2022年11月号


診療時間

診療時間表

◆日曜・祝日は休診です。
◆診療予約と診療時間外の電話による再診について

お問合せ・診療予約
047-384-3667

◆メニュー◆

岡村胃腸科外科
千葉県松戸市牧の原1-23-6
TEL:047-384-3667
Copyright © Okamura Gastroenteric and Surgical Clinic All Rights Reserved.